書くのを避けていることが、本当に書きたかったこと

どうも、のさか(@breakconnect)です。

ブログを本格的に動かし始めて1ヶ月ちょっと経ち、ブログを書き始める前に書きたいと思っていたことは大体書き尽くしました。

記事ネタにできそうなことは毎日1つくらい思い浮かぶのですが、その全てがすぐに書けるというわけもなく、「書くのを避けていること」が密かに溜まっていっています。

でも、それって実は凄く喜ばしいことなんですよね。というのも、書くのを避けていることこそが、本当に自分が書きたいことだから。

書くことはモヤモヤを明らかにすること

そもそも、書くのを避けている話題(ネタ)というのは、現段階では自分の頭のなかでしっかり整理できておらず、うまく表現できない(と思っている)ことです。

一方、書くということは頭の中を整理して表現すること。

参照:「書く」ことの本当の意味

ともすれば、書くのを避けている話題を書くことは、「書く」という行為の醍醐味 ― 頭のなかで整理しきっていないモヤモヤを明らかにしていくことなんです。

書きたいネタを全部書き終えた後に、無理やりでも書いた1記事が本当にあなたが書きたかったこと。の理由

そして、誰しもがそういったモヤモヤを明らかにしたいと思っているものです。

僕の大好きなブログである『隠居系男子』の記事で、こんなことが書いてありました。

あと、「ブログをこれから始めようと思っているんです!」っていう人によくありがちなのが「こんなネタを書こうと思っているのですが、どう思いますか?」という質問。

そんな時に、僕が必ず答えるようにしているのは「一刻も早くその書きたいと思ってるネタを、全部書ききっちゃってください。そして、もう書くものがないっていう状態に自分を追い込んでください。その時に絞りだすように書いたネタが、本当にあなたが書きたいものですから」と。

まだブログ始めたことがない人にこれを言うと、かなりの高い確率で「はっ?」って顔されます。

でもブログを書き続けてきた人には、きっと共感してもらえるはずです。そして、どれだけ口でこの感覚を説明してみても伝わらなくて、自分自身で実際にこの状態を体験してみないとわからないんですよね。
引用 – 僕がブログの秘訣を聞かれても「とにかく続けてください」としか言わない理由。 | 隠居系男子

僕は最初にこの記事を見たとき、意味がよくわからなかったのですが、今は「あぁ、こういう風に捉えることができるな」と思うんです。

つまり、ここで言う「書きたいと思っているネタ」というのが、自分のなかで既に整理できていることであり、「絞りだすように書いたネタ」というのが、まだ整理しきっていないモヤモヤしていることなんじゃないかと。

そして、自分の中にあるモヤモヤしたものを明らかにしていく(書く)ことこそ、その人が本当にしたかった(書きたかった)ことなんじゃないかと。

それはモヤモヤが明らかになる瞬間は、誰でもめちゃくちゃスッキリしますし、ある意味救われたような気分になり安心できるからです。

だから、書くのを避けていることこそが、本当に書きたかったことだなと。そういうことこそもっと書くべきだなぁと。

最後に

もちろん、自分の頭のなかでちゃんと整理しきっていないことを書くのはとても難しいことです。ほとんどの場合において、結局うまく表現できなくてモヤモヤは残ったままになるでしょう。

それでも、書くという行為を通して、少しでも整理しようと努めるのはとても重要なことです。

なぜなら、「時間を置けば、しっかり整理されるだろう」と放っておいても、整理されることはほとんどないから。大体においてそういうことは放置しすぎて、知らず知らずのうちに賞味期限を過ぎてしまうものだから。

なので、僕はこれから書くのを避けてきたことも積極的に書いていきたいなぁと。実のところこの記事自体もその1つなんですけどね。

今日はこの辺で、ではでは〜。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でのさかたくみをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket