のさか たくみ

スクリーンショット 2015-03-28 16.54.09

(2017/10/01 更新)

当ブログ「ことはこころ」を運営している、のさかと申します。

こちらでは、僕の生い立ちについてお話します。

僕は子どもの頃、あまり良い思い出がありません。小中学校ではイジメ(軽度のもの)られ、クラスから孤立しましたし、家庭環境も複雑で親からの愛情を感じる機会はほとんどありませんでした。

 

そんな子ども時代を送ってきたこともあり、僕には自信や自己肯定感のようなものはありませんでした。代わりにあったのは、「誰かから認められたい」、「誰かに愛されたい」といった承認欲求だけ。僕は何をするにしても人の目を気にして、自分のことを肯定的に視ることはできませんでした。

しかし、高校を卒業して浪人することになったときに、転機が訪れました。きっかけは、たまたまネットで受験勉強のことを調べていたときに、目に入った勉強法ブログ。僕はそのブログを見て、衝撃を受けました。なぜなら、そのブログの運営者が全く自分と同じ境遇に育ったのにも関わらず、それを克服して自分らしく生きていたからです。

そのブログでは、受験勉強のノウハウだけではなく、心の問題についても深く紹介されており、僕は、そこで初めて自分の心の問題に気付きました。そして、「自分は本当はもっとできるんじゃないか?」「色んな可能性を秘めているんじゃないか?」という質問を自分に投げかけられるようになりました。

大学入学後、僕は彼が企画したプログラムに参加しました。言ってしまえば「自己啓発プログラム」です。心理的に煽りをかけるセールスレターで、見るからに怪しいプログラムでしたが、僕は彼を信じることにしました。

その後、嫌というほど自分と向き合い、恥ずかしい思いも悔しい思いもたくさんして、なんとか人生を前向きに考えられるようになりました。決して楽な道のりではありませんでしたが、今となっては僕は僕が生きたいように生きられています。

ただ、そのときに見えてきたのが、「自己肯定感を持てていない人が、あまりに多すぎる世界」でした。「どうせ無理」と自分の人生を諦めている人、自己を否定しないために他人の夢を否定する人、そんな人で溢れる世界です。

だから、そんな人が少しでも自己肯定感を持って生きられるような、他人の夢を素直に応援できるような、個々人が尊重し合い、自分らしく生きられるような世界を作りたいなぁと思っています。

これからも、その目標のために頑張ります。

「個の夢が否定されず、自分らしく活きられる世界を」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でのさかたくみをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。