2017年はテレビ業界の闇がやっと明るみになりそう

のさか たくみ   01/01/2017   2017年はテレビ業界の闇がやっと明るみになりそう はコメントを受け付けていません。

sharp-1844964_640.jpg

新年あけましておめでとうございます。のさかです。

今年のご挨拶と抱負はこんな感じでキザにまとめました。

……さて、お約束の信念のご挨拶も終わったところで、本題に入りたいと思います。

今日放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志さんがテレビ業界に苦言を呈していました。

ネットで人気のニュースであるのにもかかわらず、芸能事務所の力関係などを理由に、テレビのワイドショーで取り上げないことが、おかしいと言う。

(中略)

「ネットで散々上位に上がっているのに、ワイドショーでは一切扱わないこの違和感は、テレビ業界の人たちはもうそろそろ気づいてほしい。じゃないとテレビはどんどん時代遅れになっていくし、芸能界ってやっぱり変な世界やなって、どんどん、一般社会と離れていっちゃうのが僕は寂しいというか、悔しい」
引用 – 松本人志、テレビに苦言「大手事務所のスキャンダルをワイドショーで扱わない違和感に気付いてほしい」

これ業界の中の人(しかもあの松本人志さん)に言わせちゃ絶対にダメなことだと思っていて、僕は元々テレビっ子で母親がSMAPのガチファンだったこともあり、テレビ(特にエンタメ)業界の闇って凄い感じるんですよね。

SMAP解散に見るテレビ業界の闇

ネットでファンが発信している情報をちゃんと見ていけばわかると思うのですが、マスメディアが発信していることと全く違うんですよね。

多くのマスメディアは不仲説やメンバーの方向性の違いを解散の原因として推しているわけですが、ネット(ファン)は解散する原因自体がそもそも存在せず、上に挙げた原因は事務所とマスコミにより捏造されたものである伝えてきています。

参照:SMAP解散は5人の意思ではなく事務所の都合というスマヲタの鋭い指摘まとめ #ジャニーズ事務所

参照:「香取が全部悪い」SMAP中居が地元の居酒屋で発言という週刊誌に店長本人が全否定 #ジャニーズ事務所

参照:SMAP解散発表の世間が知らない事実・真相をごっそり調べてみた【本編】

これらのまとめに書いてあることがどれくらいの信憑性を持っているか、本当の原因は何なのかはさておき、マスコミが事務所とつながっているというのは恐らく事実でしょう。

電通騒動とファンの働き

で、マスコミと切っても切り離せないのが広告代理店、言ってしまえば電通。電通による情報操作は前々から問題になっており、最近話題になったもので言うと東京五輪の賄賂問題ですね。

参照:電通の壮大な陰謀! 東京五輪賄賂・パナマ文書|simatyan2のブログ

こうした情報操作は今回のSMAP解散時にも行われてきたと推測できるわけですが、もしかしたらこうしたことが大々的に明らかになるかもしれません。というのも、電通は労働問題で今叩かれまくっていて、さまざまな機関で捜査・調査されているので。

もっと言えば、多くのSMAPファンが消費者団体や新聞(特に朝日)、海外メディアに今回の騒動のおかしな点を訴えかけていて、事務所の動きはかなり厳しく見られています。どこかのジャーナリズムのあるメディアか、公的機関が大きな動きを見せてくれる可能性もあります。

そうなれば恐らく、芋づる式で電通とのつながり問題も明らかになるでしょう。

最後に

以上書いてきたことはネット上の情報や実際のファンから聞いた情報を元にしており、確たる証拠はありません。なので上手く説明できていませんし、偏見だと思われても仕方ないかもしれません(完全に闇がある前提で書いてきていますし)。

ただ、マスメディアでは明るみにできない情報をネット(特にSNS)や個人から集めていくことで、世間で報道されている情報とは違った部分も見えることだけは分かってもらいたいなぁと思います。公的なメディアでは、どうやっても伝えられないこともあるので。

参照:アメリカ大統領選、電通騒動、WELQ騒動を見て思う「反動」の表出化

個人的にはテレビ業界の闇がもっと明るみに出て、もう少しテレビ(メディア)が良いものになればいいなぁ、という気持ちでいっぱいです。2017年のテレビ業界の「反動」が楽しみですね!

それでは今日はこのへんで。

ではでは。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でのさかたくみをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket