人それぞれできることは違うのだから、他人を羨ましく思わなくていい

どうも、のさか(@breakconnect)です。

先日、「僕がブログで伝えたいことは「問い」と「視点」」をFacebookに投稿した際、「自分ものさかみたいになりたい!」という旨のコメントを頂きました。

僕はそれに対して、「君には君の良いところがあるから、僕みたいにならなくて大丈夫!」というイケメンな返答をしたのですが、これは本当にそう思うのです。

人それぞれできること(得意なこと・魅力)は違うのだから、他人を羨ましく思わなくていいなと。

僕も劣等感が凄かった

そんな風に心の底から思えたのは本当にここ最近のことで、それまでは僕も劣等感が凄くありました。

自分と他人を比べては、「あぁ自分はこれができてない、あぁダメだなぁ」と。

「比べるのはもう止めよう」と心に決めても、「自分はこの人より劣っている」と無意識の内に優劣をつけていました。

そうして自分を否定的に捉えるようになっていくと、輝かしい才能を持っていたり、成果を上げていたりする人が羨ましくなってくるんです。

「自分も●●みたいになりたい!」……と。

自分を受け容れること

僕がそんな状態から抜け出せたのは、「才能を肯定するのは至極難しいけど、無視すればいい。」を書いたことがきっかけ。

そこから、毎日ブログで自分の思っていることを表現していき、一気に視点が変わりました。

それまでは、僕は自分自身を受け入れられなかった。「自分にしかできないことがある」って信じることができなかったんです。

だから、ずっとブログも書けなかった。自分を表現できなかった。他人と比較して、自分が優れていると認識できないと不安で仕方なかった。

「あぁ、自分は自分でいいじゃん」と思えたのは、自分を表現していいと気づき、表現し続けてきたから。「自分にしかできないこと」があると知れたからなんです。

人はできないことがあるから、助け合える

そして、自分を受け容れると、これまで見えなかったものが見えてくるようになりました。

人それぞれのできることや得意なこと、魅力のあること、その方向性、使い方……これらの違い。

これって当たり前のことなのに、僕らの殆どは比べられてしまうことに慣れてしまって、すぐに比較基準を設けて優劣をつけようしてしまうんですよね。

確かに、比較して優劣を決めることは競争意識を育み、向上心を高める上でとても重要なことです。ただ、それだけが全てではありません。

なぜなら、自分ができないことは他人に助けてもらうための余地でもあり、他人ができないことは自分が助けるための余地でもあるからです。

ここに優劣の評価は必要ないんですよ。自分ができることで他人を助けることができればいいので。

それに人それぞれアプローチの仕方やタイミングは違うので、いつどんなふうに他人に響くのかは分からないんです。

参照;同じことを手を変え品を変え、言えばいい

最後に

「人それぞれできることは違うのだから、他人を羨ましく思わなくていい。」

こういう風に思えてくると比較して優劣をつけなくなるので、対等な関係も築きやすくなります。

「僕と君はやっていることは違うけれど、人として尊敬しているよ」というスタンスで人と接することができるようになるんです。

これって凄く気持ちがいいことで、妬みとかひがみの対象となっていたものが、自分に良い刺激を与えてくれるようになるんですよ。

多くの人がこうした感覚を持ち合わせていれば、互いが互いを高め合える関係が増えてくるはずなので、是非実感してみて欲しいです!

ではでは〜。

【追記(2016/06/12)】

「●●みたいになりたい!」と憧れること自体は悪いことではないと思います。

ただ、それが「自分以外の誰かになること」である場合は、自分が自分で在ることができないので辛くなります。

憧れることで良い部分を盗んだり、自分の改善点を見つけたり、という風にやっていくことが重要なんじゃないかなぁと。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でのさかたくみをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。