本当に必要なのは「凄くないね」と笑ってくれる存在

a0002_007008

大学を休学してインターンシップなんかしてると、色んなところで会う人、会う人に「凄いね!」とか「若いのに偉いね!」といったことを言われる。

そのこと自体悪いことだとは思わない。「たかだかインターンくらいで調子のるなよ?」とか「なんで休学なんかしちゃってんの?意味なくない?」とか言われるよりか断然マシであると思えるから。

ただ、いいことだとも思っていない。たかだかインターン生で、まだなんの成果も出していない僕がそういう風に言われるのはどこか的外れな気がしてならないから。

実際の自分と自分への評価との乖離

僕の中での僕のイメージは、まだ何もできないただの学生である。ライティングスキルがあるわけでもなければ、営業のスキルがあるわけでもない、プログラミングに至っては「えいちてぃーえむえる?」とかつい最近まで言っていた口である。

しかし、僕に対する評価はどうかといえば前述した通りどうやら「若いのに頑張ってて凄い奴」らしい。人生をかけて行動してるという点で言えば確かに立派なのかもしれないが、仕事場では、まだ、ほかの社員さんの足元にも及ばない成果しか上げられていない。

そういう風に自分を評価することに対して、弁明をしようにも「いやー、俺には考えられないよ」とか「意識高いなぁ、凄い!」とか言われると弁明が出来なくなる。

この他人の自分に対する評価と実際の自分との間に生じる乖離が、他人にはなかなか理解してもらえなくて、どうにも苦しかったり歯がゆかったりする。

「全然すごくないね笑」「カッコ悪いね笑」と言ってくれる存在

得てして僕は、実際の自分を見てくれる人を求めているのだと思う。少しいい感じの意識高い系学生に見えるこの世間体を気にもせず、ちゃんと自分を見てくれる存在だ。

「全然すごくないね笑」とか「カッコ悪いね笑」って笑ってくれる存在がいるというのは本当にありがたかったりするもの。そういう存在の前では「若いのに頑張ってて凄い奴」ではなく、ただの学生でいられるから、カッコつけなくて済む。

そういう存在がいなくて、ちやほやされ続けているとだんだん自分が何者なのか分からなくもなってくる。天狗にもなりかねない。

ともすれば、他人をよく見ないで褒める人は残酷だ。「凄い」ということでその人を突き放しているだけなのだから。

本当に必要なのは、ダメな自分を受け入れてくれて、たまに、凄い自分も認めてくれる、そんな存在なのだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でのさかたくみをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket

Feedlyで「ことはこころ」を講読

follow us in feedly

noteでエッセイも書いています

note

About のさか たくみ

のさか たくみ。大学生。1994年生まれ、大阪出身。1年浪人の末、同志社大学教育文化学科に入学。3年次休学し東京のベンチャー企業でインターンシップ。メディア編集長としてメディアの立ち上げから軌道乗せまで行う。現在は複数のメディアの立ち上げを行なっている。 「個の夢が否定されず、自分らしく活きられる世界」を。 株式会社osechi:ライター・編集者採用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。