筋トレをやめる理由・デメリット

のさか たくみ   09/07/2016   筋トレをやめる理由・デメリット はコメントを受け付けていません。

150404078241_TP_V

どうも、のさか(@breakconnect)です。

昨日は、筋トレのメリットをただひたすらに語りました。

参照:筋トレのメリットについて語ってみたよ

筋トレ本当に良いので是非やっていただきたいのですが、当然良いことばかりではありません。やめるべきかと悩む理由やデメリットがいくつも出てきます。

今回はその筋トレのデメリットを語ってみようと思います。

お金がかかる

筋トレを始めると、まぁ出費がかさみます。ジム代は市営の安いとこだと300円程度なので週3でも月4000円程度しかかかりません。が、ジム代以外にもお金はかかるんです。

トレーニングから約30分間は、疲弊した筋肉を修復するため栄養が必要となるのですが、ここでプロテインを飲むのはもちろん、近くでタンパク質が豊富な食べ物を食べなくてはなりません。

ストイックな方だとそうしたトレーニング後のみならず、日頃の食にも気を使うので、食費にかなりお金がかかります。

食事に制限がかかる

せっかく筋トレしても、体に良くないもの(筋肉に繋がらないもの)ばかり食べていたら、筋肉はつきません。

なので、脂質や糖質が高いお菓子や油っこい食べ物はあまり食べられなくなります。

しかし、筋トレをやっていると、不思議なことにあんまり食べたいとは思わなかったりします。

時間がかかる

どの程度体を鍛えるかにもよりますが、1回の筋トレに準備やシャワーなど諸々含めると2時間はかかってしまいます。

24時間営業のジムに行っている方や近所にジムがある方、暇な方はさほど苦労しないと思いますが、そうでない方はジムの営業時間内に2時間以上捻出するのは割と難しいものです。

初回講習が面倒

どのジムでも大体初回講習を済ませてからでないと、設備を利用できません。

この初回講習が実はかなり厄介で、市営ジムだと1ヶ月に1回しかないので、筋トレを始めようとしてもなかなか始められなかったりします。

かといって、私営ジムだと会員にならなかったり、ビジター価格が割高だったりと、お金のない人にはかなり辛いもの。

単純に疲れる

筋トレをしたその日はとにかく疲れます。鍛え方によっちゃ、筋肉痛で翌日以降も体の自由が利かないなんてことも。

なので、筋トレ後に用事があると大変です。仕事帰りに筋トレ行ってクタクタになった帰り道が一番辛いかも。

話題が筋肉のことばかりになる

これ!!隠れた死活問題!!

筋トレに誘ってくれた友人は口を開けば、筋肉の話ばかり。

別に触りたくない筋肉に触らされたり、聞きたくもない筋トレの魅力を語られたり、はっきり言って「筋肉筋肉、こいつうるせぇな」と思ってました。

ただ、いざ自分も筋トレを始めてみるとしたくなってくるんです。筋肉の話を。今後ますます筋トレにはまっていくと、その友人のように筋肉の話ばかりしてしまわないかと不安です・・・・・・。

最後に

ジムの講習が無いから、お金がかかるから、時間が取れないから、食べたいから、今日は疲れてるから、用事があるから・・・・・・などなど。

筋トレにはこのような弊害があるため、やめる理由は本当に簡単に作れてしまうわけです。

だからこそ、確固たるやめない理由が必要になるわけで、それが一緒にやってくれる存在なんです。

本気で筋トレを始めるなら宣言する前に、仲間を探してください。それもちゃんと続けてくれそうな仲間を。それができて初めてスタートラインです。

うんまぁ、2日連続だけどみんな筋トレやろう!!

ではでは!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でのさかたくみをフォローしよう!

LINEで送る
Pocket